脳梗塞の前兆と症状とは?頭痛もめまいも要注意!

広告

「脳梗塞」という病気を、

あなたも聞いたことがあると思います。

怖い病気だと

いうことはわかりますよね!

広告



しかし、

脳梗塞がいったいどんな病気なのか?

と聞かれると、即答できる人は少ないと思います。


もちろん管理人もそうでした。


気になっていた、この病気・・・

いつ、自分に襲ってくるか解りません。


と、いう訳で今回は脳梗塞について

知らなければいけない!

と、思い、徹底的に調べました。


参考になれば幸いです(^_^)

脳梗塞とはどんな病気?

脳梗塞とは

脳の細動脈に血栓脂肪塊凝固塊腫瘍塊石灰片

などが詰まり脳内の血流が止まってしまうため

脳細胞が死亡してしまう病気なんです、怖いですね(>_<)。。。



脳梗塞には以下の2通りがあります。


1. 脳血栓症(のうけっせんしょう)

ラクナ梗塞アテローム血栓性脳梗塞」があります。


脳の血管で動脈硬化が進むことで、

しだいに血管の通路が狭くなります。


この狭くなった通路を、

通る血液は固まりやすい特徴があり、

しだいに血の塊である(血栓)ができます。



この血栓が、脳の血管に詰まって起きる病気です。



2. 脳塞栓症(のうそくせんしょう)

心原性塞栓症」があります。


心臓弁膜症や心臓内膜炎などで発生した血栓以外にも、

癌組織の一部、細菌や脂肪の塊、空気などが脳の血管を

ふさぐと起こる病気です。



頻度が多い順で、


1.ラクナ梗塞

高血圧の人に多いのが特徴。

脳内の細い血管が詰まるタイプで、

主に睡眠中に発症することが多い。


梗塞部が小さいので症状が全くでないこともあり、

出ても症状は比較的軽いことが多いです。



2. アテローム血栓性脳梗塞

生活習慣病である、高血圧、糖尿病、高脂血症によって、

動脈硬化で脳の太い動脈、または頚動脈が詰まるタイプで、

特に睡眠中に発症するケースが多いです。



3. 心原性塞栓症

急性心筋梗塞、心房細動、心臓弁膜症によって

心臓内に発生した血栓が、

脳血管をふさいだ時に突然の発作がおこるタイプで、

日中の活動中に発症することが多いです。



このように、

脳梗塞と言っても、


脳血栓症にラクナとアテロームの2タイプ」があり、

脳梗塞症に心原性脳塞栓症の1タイプがあります。



これらのことから脳梗塞は、

いつ自分に襲いかかってきても、

おかしくはないと言えます。
広告



 
そう、

もはや他人事ではない病気なのです。


しかし、

前兆になる症状」を頭に入れておけば、なったとしても

処置が早くなり命が助かる確率もグンと高くなるのです。

前兆となる症状は?

脳梗塞が起こる前には、

脳内で血流が悪くなるという症状が発生します。


これは、

脳の働きが低下するという事で、

様々な前兆になる症状が現れてきます。



見逃さないように、知識を頭に入れておきましょう♪


発症が迫ると

以下のような「言語障害、顔面神経痛、感覚障害」

といったものが出る特徴があるんです。



  • 片方の手足・顔半分に、マヒやしびれが起こる

  • ろれつがまわらない、うまく言葉が出ない、
    他人の言葉を理解できない

  • 立つことや、歩くことが困難で、フラフラする

  • 目が片方見えない、物が二つに見えてしまう

  • 口がうまく閉まらず、ヨダレが垂れてしまう

  • 立ちくらみ・めまいが起こる

  • 障害物などがないのに躓いてしまう

  • 両手を上げる際に、片腕は上がらない

  • 激しい頭痛がする

  • 肩こりに痛みを感じる
 
以下は追加説明です。


A) 顔の歪み

脳梗塞が起きると体が半分マヒ状態

なるので、マヒしている方が、たるむことで

顔が歪んで見える兆候があります


B) 片腕だけ上がらない

飲み物を飲む際に、片方の腕だけが

下がった状態のままだと危険と考えられます


C) 口の動きの異変

脳梗塞で口の筋肉や舌、

喉の奥がマヒする場合があります。


水を飲む際に口から溢れる、ろれつが

まわらない話し方などの症状も危険と考えられます


これらの症状はTIA一過性脳虚血発作)と呼ばれ、

普通は2分から30分でおさまります。



しかし、

これらの状態をほうっておいた場合は、

3ヶ月以内に4%から20%の人

「脳梗塞」を起こすと言われています。


さらに、

半数近くが48時間以内

脳梗塞を起こすというデータがあります。


つまり、

これらの症状は脳梗塞の前ぶれかもしれないのです。


広告


脳梗塞をうまく対処するには、

これらの「前兆になる症状」を、

知っておいて欲しいのです。


TIA(一過性脳虚血発作)についての

非常にわかりやすい動画です↓↓

http://e-atis.jp/patients/TIAclick/movie.html

まとめ

注意深く意識(観察)していないと、

みなさんが思うよりも、

案外気づきにくいのが「脳梗塞」なのです。。。



大切な命のためにも、

前兆になる症状がどのようなものなのか?

頭に入れておく事は、とても大切だと思います。



あと少し早ければ・・・

という患者さんが多いという事実を

忘れないで欲しいんんです。


人は、

自分は大丈夫」だと思い込む癖があります。


ですが、

そんな考えに”魔物”が住んでいるものです・・・


たとえ、

数分から数十分で終わるとされる、

TIA(一過性脳虚血発作)でも、


これらの症状が出た場合は、

急いで医療機関へ行く人は、確かに少ないでしょう。


でも、

受診して、医師の診断を受けて、

助かる命があるという事実

忘れて欲しくないんですね。



自分で対応できる可能性の病気で、

あなたが、大切な人を失ったら、

どのように思いますか?



決して、自分だけの命ではない、
ということを忘れないで下さいね^^!

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

おすすめ記事があります

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ