自閉症!大人になっての特徴は?

広告

自閉症の子供が増加傾向にあります。

そしてその子たちは、

やがて大人になっていきます。

広告


このように、

大人の自閉症の方も増えていきます。

 

このようなケース以外にも、

大人になって自閉症が発覚することがあります。

 

一般的には、

引きこもる症状だと思われがちですが、

実際の症状は様々で、人それぞれ障害のレベルは異なり、

10人いれば10通りのパターンがあるのが特徴です。

 

そして、

自閉症は「発達障害」という障害の中の一つなのです。

大人の発達障害とは?

どのような特徴があるのか見ていきましょう。


●仕事でミスがやたらと多い

●やるべき大事なことを先延ばしにする

●約束の時間に遅れる

●人との付き合いをうまくできない

●人の話を聞かない

●場の空気を読めない

●すぐにキレる

●片づけをできない

●落ち着きがない
 

これらは「大人の発達障害」

可能性を表しているもので、

問題になっています。

 

“自閉症” の青年の記録!
一人の青年の生まれてから大人になるまでの動画です。

ぜひご覧下さい!

発達障害とは?


●衝動的な行動のおそれがある

「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」

 

●対人関係のスキルや社会性に困難をしたがう

「自閉症」

※「アスペルガー障害」は自閉症の中の一つ

 

●一般的な能力の習得が困難な

「学習障害(LD)」

 

これら全てをまとめて「発達障害」と呼びます。

 

今までは、

生まれつき、もしくは何らかの原因

脳の発達に障害が出る、

子供だけの障害だと考えられていました。


しかし、

“大人の発達障害”のケースは、うつ病、依存症

などの病気を引き起こすなど、とても大きな問題を

引き起こす可能性があることも明らかになってきました。
広告



青年期・成人期での自閉症について

自閉症全般にわたり、出現頻度が高い行動

(出現頻度20%以上)の特徴をまとめました。

 

データは18歳以上で、

200人弱を対象にしたものです。

 

チェックしてみてください!


1. 神経質である、すぐに緊張してしまう(約66%)

2. ある考えに固執してしまい、頭から離れない(約65%)

3. 一つのことが気になると、それがいつまでも離れない

(約59%)

4. 完璧主義で完全でなければ納得できない(約52%)

5. 不器用であり、身体の動きはぎこちない(約46%)

6. 過食で食べ過ぎる(約39%)

7. 空想の世界に入り、現実は忘れてしまう(約33%)

8. いじめられたり、からかわれたりすることがとても多い

(約32%)

9. 性格は内気であり臆病(約30%)

10. 爪を噛む癖がある(約28%)

11. 肥満体型である(約28%)

12. 他人から好かれることがない(約27%)

13. 動きがピクピクする、神経質な身体の動き、チックがある

(約25%)

14. アレルギーをもっている(約24%)

15. 遊ぶ際には、年上の人を好む(約23%)

16. 引きこもり、家族や他の人と関わりをもたない(約22%)

17. 発疹やその他の皮膚症状がある(約20%)

18. 異性に対しての興味が強い(約20%)


広告


これらの項目

いくつかは普通の人でもあてはまると思います。

 

しかし、

“発達障害”の1つである「自閉症」は、

多くにあてはまる傾向があるのです。

大人になってから気づくこともある…

自閉症の中核となる3つの症状!


コミュニケーションの質的な問題

自分と相手の立場を置き換えて

学習することが若手なためと考えられます

 

対人的な相互反応の質的な問題

自分と相手との関係を

正しく理解できずに不適切な行動をとってしまう

 

こだわりが強い問題

強く偏った関心を示すことが多い。

またこれらの偏った強い関心は、

成長と共に特殊な能力として発揮することがあります

 

加えて、“付随症状”と呼ばれる、

パニック障害、睡眠障害、てんかん

などの症状が表れることもあります。

 

自閉症は、生まれつきの“発達障害”であり、

有病率は人口の1%以上という高さが特徴の一つです。

 

また、自閉症は男性に多く、

約75%が男性で、残りの約25%が女性

という割合であることが知られています。

 
近年では、

自閉症の診断が確立されてきたため、

その数は増加傾向になっています。

 

乳幼児健診で早期発見の機会

逃してしまう場合も多いんですね。

すると、

大人になってから、学校や職場など社会の中で

適応することができずに苦しみます。


その結果

自閉症だったとわかるケースもあるのです。

 悩む女性

気になること、Q&A


Q、自閉症である子供は、

将来大人になって普通の人のように社会でやっていけるのか?

 

A、一概に、やっていけるorやっていけないは、

私たちに個性があるように、人それぞれ障害の

レベルは違うのではっきりとした答えはありません。

 

しかし、

周りで支えてくれる人たちや、

働く職場の環境がしっかりしていれば、

普通の人同様に変わりなくやっていける事も多いです。

 

Q、大人になった自分が、

実は自閉症の障害をもっているのではないか?

と不安を感じた人は?

 

A、かなり軽症の方が大勢いることがわかっています。

 

特に“知的な発達が正常”自閉症である、

アスペルガー障害もしくは高機能自閉症の場合は、

本人や周りの方も障害を認識できていないことも多いです。

 

※アスペルガー障害と高機能自閉症は、

 同じか異なるかは研究者によって意見が異なっています


 

Q、自閉症や、自閉症の一つである、

アスペルガー障害の検査と診断はどこで受ければいいのか?

 

A、大人であれば精神科を受診し、

専門医によって成育歴や細かい問診

といった検査を用いて診断されます。

 

※専門医は多くないので事前に電話で

 問い合わせしてから行くといいと思います


 

他にも、

発達障害を専門に扱っている、

病院やクリニックがあります。

 

しかし、

これらの発達障害を診てくれる専門医は

まだ多くないため、行政機関に問い合わせて

紹介を受けることも必要だと考えられます。

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ