PM2.5とは?対策は?マスクにどんな効果があるの?

広告

 「pm2.5」・・・

 

大気汚染の原因となっている物質で、

近年よく耳にすることが増え、健康被害

観点からも非常に注目されているものです。

 大気汚染・町jpg

「pm2.5」…

何時なの? 午前中なのか、午後なのか、それとも違うのか?

悩んでいる、そこの、あなた!

 

答えはこの記事に書かれているので、

ぜひ読んでいってくださいね(*゚▽゚*)

 

今回はpm2.5」とは何なのか?

対策にはどんなマスクがいいのか?

を詳しくまとめました。

 

広告

それでは、さっそくスタートしましょう♪


pm2.5とは何か?

pm2.5とは時間ではありませんでした!(笑)

 

空気中に浮遊している、

非常に小さな粒子のこと

エアロゾルと呼んでいるんです。

 

その中で、粒径2.5μm

(大きさ的には人の髪の毛の太さの30分の1程度)

以下の微粒子のことをpm2.5と呼びます。

 

だから名前に「2.5」がついているんですね。

先頭の、「pm」は、Particulate Matter(微粒物質)

という意味の頭文字をとってつけられています。

 

 

その小ささゆえ、私たちの肺の

奥まで入り込みやすいのですね。

 工場煙

しかし、大昔からある程度の量は、

地球上のどこにでも存在していました。

 

ですので、最近になって急に

発生したものではないのです。

 

発生原因は2つあります。


  • 自然起源
  • 私たちの活動

により発生する2つがあるのです。

 

微量ながら、原始時代の人たちも、

自然起源のものは普通に吸い込んでいたのですよ。

 

どんな物質?

[ポイント]

1. 工場や施設などで、
物を燃焼すことで直接排出されるもの


2. 窒素酸化物、硫黄酸化物、揮発性有機化合物などの

 ガス状大気汚染物質 が主で、大気中で起こる

 化学反応によって粒子化したもの

 

pm2.5は粒径が2.5μm以下が条件です。


他に条件はないんです。

 

 

なので、硝酸塩や硫酸塩などの塩類や、

ディーゼル車の排煙中に出る、ススのような

 

黒色炭素、さらには、数千種類の有機化合物

金属成分など非常に多くの成分が含まれるのです。

 

この中にはタバコの煙の成分も含まれているので、
喫煙者の方は気にかけてみてくださいね♪



[ポイント]

上記のような、“人為起源”のもの以外でも、
火山、土壌、海洋などの様な
“自然起源”が原因のものがあります。

広告


pm2.5の現状は?

先程も申した通り、海外だけでなく、

日本にも存在しているpm2.5ですが、

日本では、環境問題の対策に力を入れた

おかげで、結果として、少なくなりました。

 

 

今問題となっているpm2.5は、中国から

海を越えて飛んでくるものが多いです。

 

微粒子のため、吸い込むと肺の奥の

方まで入り込み、呼吸器系疾患は当然として、

循環器系に関しても影響があるとされています。

 

長期間吸い続けると、喘息や慢性気管支炎

などの原因になる危険性も高くなるでしょう。

 工場・煙

対策のマスクとは?


[どんなマスクなら大丈夫か?]


粒子が細かすぎて、一般的な普通のマスク

では防げないのが特徴です。


そのため、通常のドラッグストア等で入手できる

マスクでは防げません。

 

使い捨ての、50枚入りとかの商品ですね。

 

そこで対策として考えられるのは

一般的なマスクを二重にして、間に

ウエットティッシュを挟み込む方法です。

 

普通にマスクをするよりも、もちろん効果はあります!

呼吸できんのかなぁ~、とチョット心配ですけどね(笑)


[ポイント]

何よりオススメなのは、「N95タイプ」

といわれる、マスクの着用です。

 

「N95タイプ」のマスクにも、三種類あり

・カップ型

 形が決まっているため、型崩れしにくい

 

・二面折りたたみ式

 顔の動きに対して、中央にあるエンボス加工が型崩れを防ぐ。

 高いフィット性が保てます。

 

・三面折りたたみ式

 上部、中央部、下部の3個のパネル構造になっていて、

 顔の動きに追従する、柔らかさを持つフィット性の高い作り。

 

この「N95タイプ」とは、防塵用のマスクであり、

効果の方は、0.3μmの細かい

粒子を95%以上防ぐとされています。

 

それでも、まだ万全とは言えません。

 

とくに、鼻やあご周辺空気が

漏れやすいので注意してください。

 

これらの箇所は、両面テープ

皮膚とマスクを塞ぐという方法も、

非常に有効だと考えられます。

 

さらに、「N95タイプ」はホームセンターなどで

入手できるので、手軽に買いに行けるのもいいところ!

 

しかし、しかし、pm2.5影響を受けやすい

市街では、売り切れになってしまうことも

あるため、事前の準備が必要になります。

 

実際、過去には、ネット通販の大手楽天でも、

売り切れが発生してしまうほど注文が殺到しました(汗)

 

こんなマスクがあれば、

外出も安心ですし、精神的にpm2.5に

ストレスを感じずにいられますよね。

 

装着時の注意点は、マスクに隙間が

できないように、しっかりフィットさせて

マスクを装着するようにしてくださいね。

 

せっかく、いいマスクを使っているのに

隙間が空いていたのでは、本末転倒ですよ!

 

管理人は、時期にもよりますが外出時は、

マスクを付けて外出することが多いです。

 

お化粧かくしや、ひげ剃りを怠けている

といった、理由ではないですよ(笑)


広告


その他とまとめ

喫煙者の皆さん、pm2.5とたばこ

どちらが有害か知っていますか?

 

答えは、たばこを直接吸うほうが、

体に悪いという事になります…|д゚)

 

特に、フィルターを介さずに周りに広がる

副流煙は有害な成分が多く非常に困りもの。

  PPH_taigannokoujyou

pm2.5は確かに見えない恐怖がありますが、

日本では少し大げさに報道されたりしている気もします。

 

pm2.5を吸い込んだら、すぐさま

健康被害が出るようなことはあまりありません。


そうです、北京在住の人たちが、

健康被害(呼吸器系疾患など)で

次から次へと絶え間なく

倒れている訳ではありませんので・・・

 

でも、車の使用はやめれませんよね…


普通の人は、専用のマスク

対応していけば、問題ないと思います。

 

それでも、海外(特に中国)から大気汚染

受けるのは、正直悲しいものがあります。

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ