パチスロの目押しの練習!直視なら子役も見えるってホント?

広告

パチスロで回転中のリールの
子役までバッチリ見える人いるの?

 

って、疑問に思ったことはないでしょうか?

実は、いるんです!
その人たちは、みなさん直視という技術を身につけています!!

 

だから、直視という技術マスターすれば、
全機種・全絵柄が見えます。

 

もちろん、才能などは関係ありませんよ。
誰でも練習次第で、出来るようになりますので(*゚▽゚*)

 

広告

実際に、管理人も、パチスロの、この直視を
何人にも教えてきたので、間違いありません。

 

みなさん、個人差はありましたが、
子役をきちんと認識して狙えるようになりました。

 

前回の記事で、直視の基礎的な練習方法を紹介しました^^
スロットの目押し!直視のコツは?全絵柄が見える?!

今回は前回の続きで、上級編として、
パチスロ目押しの王道、直視の
練習方法の続きを、噛み砕いて説明していきます。

 

それでは、スタートいたします♪♪

 

まずは、この動画を見てください!
直視の達人が、2人登場しますよ。
※左リール・中段に「HANABI」を ビタ押しできれば成功です。
中武一日二膳氏の、目の動きを真似する感じです。

早く・正確に特定の絵柄を探す練習!


回転しているリールの絵柄を瞬間的に
見ることは、前回の記事で
お伝えした方法で身につくと思います。

 

まだの人は、慌てないでください!
慣れですので大丈夫です。

 

この章では、早く・正確に特定の絵柄を
探す練習方法を紹介していきます(*゚▽゚*)

①目の上下運動の幅を広げる

②連続して目の上下運動を行う

 

①目の上下運動の幅を広げる、
これは、慣れていないと、どうしても
目の上下の動きの幅が狭くなりがちです。

 

そこで、多少大げさに目を動かしてみましょう!
その時、見る対象とするものは、回転中のリールの
パネル全体よりも若干広い範囲
になります。

 

その範囲を、おもいっきりで追っかけてください。

練習すれば、3リール同時
絵柄を認識することが可能となります。

  

広告


②連続して目の上下運動を行う、
パチスロで特定の絵柄を回転中のリール
から探すには、一瞬だけでなく連続で
目を使い絵柄を追っかけなくては探せません

 

慣れるまでは、探すのに時間がかかると
思いますが、慣れてしまえばすぐに探せる
ようになりますので、心配は無用ですよ!

 

この時の注意点は、1リールを集中して見る
というよりも、3リールを同時に垣間見る感じです。

 

ここで、1リールに集中して見ていると、
どうしても視野が狭くなってしまいますので、
後々、変な癖がついて目押し速度の低下に
繋がりますので3リール同時に見てくださいね(´∀`)

 

練習していくと、自然と、回転しているリールがあれば、
連続して目で絵柄を追っかけることが出来るようになります。

 

管理人も、パチスロの台に座り、
リールを回すと自然に目は動いています。

 

全く意識していないのに、
で自然と目で絵柄を追っかけています。

 

言葉で説明するのは少し難しいのですが、

この段階までくれば、特定の絵柄を探したら、目で
タイミングを取る
ような感じで、毎回、特定の絵柄がリールに
現れるたびに、目の上下運動を行いタイミングを測れます。

 

「キタ、キタ、キタ・・・」こんな感じでタイミングが取れます。



広告


  ジャグラー

次は、いよいよ最終段階になります^^

 目の動き!上下⇒円に変えていく!

 

前の章までの、説明だけでも、十分なのですが、
さらに先を行くのなら、目の動きは、
「上下運動⇒リールの動きと同じ動き」
に変化させていきましょう!!

 

こちらも、言葉では少し説明が難しいのですが、
出来るだけ分かりやすく説明致します。

 

例えば、回転中のリールから、
赤7」をハッキリ認識することに成功したとします。

 

そして、その赤7が回って来るたびに、
目の上下運動を行えば、毎周「赤7」を認識できます。

 

実は、この時点で、パチスロのリール1周の
タイミング
は身についているのです。

 

だから、「キタ、キタ、キタ、えい!」って感じで
押せば、赤7は十分狙うことができます。

 

目の動きを
「上下運動⇒リールの動きと同じ動き」にする目的は、

 

より、赤7をハッキリ見るため!

より、赤7を引きつけて押すため!

 

 

これが目的になり、重要になります。

 

実は、前の章の段階で、自然にこの章の
段階まで来てしまう人も少なくありません。

 

繰り返し、絵柄を追っかけて、そして、特定の絵柄を
毎週追っかけていると、自然と、感覚的に、
絵柄が「キタ」⇒「キィ~タ」に変わっていきます。

 

この、「キィ~タ」という感覚は、
赤7を十分引きつけている証なのです。

 

逆に、「キタ」は、引きつけが甘く、
瞬間的にしか、赤7が見えていないのです。

 

この、「キィ~タ」の状態にするためには、
目の動きを、リールの動きと同じにする必要があります。

 

管理人の感覚では、見えるリール内の
裏側に赤7があるのが分かる感じです。

 

しかし、実際には、人の目は360°回転しません。

そこで、感覚的な表現になるのですが、
実際に目は回転していなくても、目のピントは「円」を
描いている感じ!
というのが分かりやすいでしょうか?

 

ちょっと、難しい表現になってしまいましたが、
慣れてきたら、目の動きは「上下」⇒「円」
のように、パチスロのリール全体(見えない裏側まで)
を追っかけていく感じにしていきます。

 

この段階までくれば、タイミングを目
取れるような感じになってきます。

 

あとは、そのタイミングで狙う絵柄を充分引きつけて
「キィ~タ」で、ストップボタンを押すだけです。

 

おそらく、これが、直視の
最終形態だと思われます(*≧∀≦*)

 開店くんエウレカ白7

管理人は、ボーナスを揃える際に、

3リール同時に見ながら、「ポン、ポン、ポン」ではなく、
「ポン、ポ、ポ」だったり、「ポン、ポ、ポン」

こんな感じで、狙えています。

 

回転している3リールを見て、揃える
ボーナス絵柄の位置関係を察知し、最速の
タイミングでストップボタン押すという感じです。

 

まとめ

 

今回の記事いかがでしたか?

 

直視の上級編の練習方法でしたが、
言葉で説明するのは少し
難しかったのが、正直なところですΣ(゚д゚lll)

 

でも、どうせ目押しをするなら直視で、かつ、
最高の技術をマスターしてもらいたいと思います。

 

練習には、実機が一番です。

中古で機種はどれでもよく、安いものがあります。
実機で練習すると一気に上手くなること間違いなしです!

 

よく、目押しはタイミングと言われますが、直視を
マスターしてしまえば、その頃には、目でタイミングが
取れている
ので、自然と身についていると思います。

 

とにかく、見まくってください!
そして、目で絵柄を追っかけまくってください!(*゚▽゚*)

 

これで、彼女とパチンコ屋に行っても、
只者ではない! と、きっと思われるはず^^

 

また、隣でボーナスを揃えられない方から、
コーヒーを頂ける激アツチャンスも多々あるはずです(笑)

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
この記事が、お役に立てば幸いです^^

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ