礼服とスーツの違いとは?男性用は冠婚葬祭でも大丈夫?

広告

もうすぐ友人の結婚式があるけど
礼服とスーツの違いってあるの…??

 
…こんな疑問ないでしょうか?

実は、分からない人は、
意外に多いみたいなんです!

私も詳しくは知りませんでした…Σ(゚д゚lll)

広告


でも、結婚式がもうすぐあるし、年齢的にも
場違いの服装
で参加はしたくないと思ったんです。

 
そこで、今回は、礼服とスーツの違い(男性)について、
疑問はとことん調べると
定評のある管理人が、リサーチしてみました!


それでは、さっそく見ていきましょう♪

礼服とは?男性編!


まず、礼服とはどんなものか?、
簡単にザッザッと紹介しますね^^!


と、その前に、「フォーマルスーツ」という言葉、
最近聞くようになってきましたよね?


そして、礼服とフォーマルスーツは
本来別物みたいなんですが…

 
今では、礼服の簡略化が進み、
某大手スーツ店でも“フォーマル”のカテゴリーに、
これから紹介する、4種類の礼服が含まれています。

 
ですので、当ブログでは、呼び名も曖昧に
なってきていることから、

『礼服=フォーマルスーツ』 として、
話をさせていただきます!
広告





それでは、礼服(フォーマル)を、
1つずつ簡単に紹介します♪

  1. 燕尾服(えんびふく)
    白の蝶ネクタイが似合う!
    他にも「イブニングコート」とも呼ばれます。

    一般的に着る機会はほとんどありません…(´ω`)
    また、「正礼服」の一つで、敷居の高い
    結婚式、披露宴などで着用するのが普通。


    夜に着る礼服
    ちなみに、私は、結婚式で
    見かけた記憶はありません・・・


     
  2. モーニングコート
    着用の際は、
    サスペンダーを使うのが一般的。

    慶事、弔事のときに着用します。

昼間では、一番格式が高い「正礼服」になります。

婚礼の新郎や、行事や式典での
主催者、葬儀の喪主が使用します。


このスタイルは、見たことがあります!
お尻の部分が丸く隠れているやつです^^


 
  • タキシード
    もともとは、夜間の「準礼服」でしたが、
    最近では昼間の着用も大丈夫ですね^^

    タキシードは、モノトーンカラーで
    揃えるのが理想的なんですって!!

    そして、使える機会は多く、晩餐会や
    一般的なパーティーでもOK。
 

黒の蝶ネクタイを着用することから、
ブラックタイなんて呼ばれ方もしますよ^^

  • ブラックスーツ
    控えめの雰囲気を出すこともでき、
    逆に華やかさも演出できる、
    礼服のド・テッパン

    皆さんお馴染みの礼服で、
    格としては一番低い「略礼服」になります。

この、略礼服は
インフォーマルウェアと
言う人もいるんですよ!!

控えめなので、さまざまな場面で使え、
改まった席でもOKの優れもの^^


以上が礼服の説明になります。


そして、礼服 は
「正礼服 ・準礼服・略礼服 」
3つに大きく分けられていますね。


それぞれで、着用する場面や
時間帯で使い分けるようにします!

で、
礼服の種類を簡単な説明をしてきました…

が、
皆さんは、この章で紹介した、
「1.2.3」を着る機会はそうそうないと思います。


なので、

「4.ブラックスーツと、一般的なスーツとの違い」が、

やっぱり気になりますよね??


次の章では、
その点を探ってみたいと思います♪

礼服とスーツの違いは?

前の章で出てきた、略礼服のブラックスーツですが、
今は、礼服や黒いスーツ全て
含めて、そう呼んでいるようです。

 
スーツ店では、礼服(フォーマル)コーナーと、
普通のスーツで分かれています。

では、
礼服と黒い普通のスーツとの違いは?

と、いうことで、
まずは時代をさかのぼってみましょう♪

 

礼服という服装は、日本のもので、
昭和30年頃はスーツを
持っている人があまりいませんでした。

 
黒いスーツがあれば、ネクタイを
変えることで、結婚式もお葬式も大丈夫…


という訳で、誕生したのが、
「黒無地のスーツ」みたいなんですね!

そして、その風習は、
今でも根強く続いています。

 
また、慶事でも弔事にも、黒無地スーツと
ネクタイの変更だけで通すスタイルは、
実は、日本だけで、世界的には通用しないんです…Σ(゚д゚lll)


なので、
外国人がホテルで、黒いスーツの団体を見ると、

「怖い人が集まっている??」と、
ビックリするみたいなんです…(´ω`)

これが、黒無地スーツの歴史になります。

 
で、話は戻りますが、
礼服とスーツの違いは・・・

一番の違いは色と生地!

何いってんの?あなた・・・

って、思いましたか?


実は、色に違いがあるんですよ…Σ(゚д゚lll)

  • 礼服…深い黒色
  • 黒い普通のスーツ…薄い黒色

これは、実際に比べてみると分かるんです^^

集合写真を撮ることがあった場合、
「黒の深さ」が違うことに気づきますので…


で、

これには、理由があり、

「ウール(上質)と、ポリエステル(低質)」
といった感じで、
ビジネススーツ(薄い黒色)=ポリエステルが含まれる…

だから、低質(安物)と分かるのです…Σ(゚д゚lll)
広告

デザインの違い!

他にも、礼服と黒い普通のスーツでは、

  • 礼服…落ち着いたデザインがメイン
  • 黒い普通のスーツ…デザインが多く選べる
 
などが、私は気になりました。

 
それと、黒い普通のスーツは、
細身のスタイルなんかもありますよね!

そんなことから、オシャレがしやすいのです^^

 
色々と調べてみると、デザインがその場にふさわしい事や、
スーツが傷んでいない(普段仕事で使ってない)物であれば…

冠婚葬祭の場でも、ブラックスーツ1つでも大丈夫です!


ちなみに、リクルートスーツですが・・・

学生の就職活動に用いりますが、
新人募集の意味合いもあり、
冠婚葬祭に着ていくと失礼とされるのが一般的。

次は「光沢」です!

結婚式にはOKだけど、
お葬式にはNGな礼服?

 
そんなの知ってるよ!!

 
と、思うかもしれませんが、
ズバリ!「光沢」なんです!!

 
という事は、光沢のある良い生地の礼服を、購入すると、
「結婚式」にはバッチリ合っているのですが…

もし、「お葬式」があった場合は、
光沢のある礼服は、
そうです、失礼にあたるということです!


皆さんも、お葬式に「モーニングコート」
なんかを着用して行きませんよね?

 
同様に場違いなのが、
光が反射するような光沢の礼服です・・・

なので、礼服を選ぶときには、光沢は要チェックです!


お祝いではないのですから、
光っていたら目障りですs(・`ヘ´・;)ゞ

 
礼服に、光沢があるのであれば、黒の普通のスーツで、
自然な感じで行ったほうがいいと、私は思いますよ!

結婚式-1

日本と世界では基準が違う!


  • ブラックスーツ
    日本を基準にした礼服
    40代以降の人が好む傾向がある。

    デザインとスーツが傷んでいなければ、
    結婚式、お葬式どちらでも使用できるので、
    一着は持っておきたいアイテム。


反対に、
  • ダークスーツ
    世界を基準とした礼服

    ビジネスでも良く使われる、
    濃紺やダークグレーのスーツ

    世界では、このダークスーツが
    礼服の基準になっています。

日本では、都会のカジュアルレストランなどでの式だと、
このダークスーツは良くみかけます(20代や30代に多い)。

でも、お葬式で見かけることはほとんどありません。
使いかっての点では、ブラックスーツに劣ります。。。


 
また、田舎などの結婚式の場合では、

「結婚式=礼服」という風習が、
根強く残っている場所もあるみたいですね!

そんな時には、きちんと礼服として
販売されている物を用意しましょう。

まとめ

お疲れ様でした(*゚▽゚*)


いかがでしたか。

私も今回の記事で、礼服の種類や、
使う場面&時間帯が深くわかりました!(*゚▽゚*)


あくまでも、礼服にこだわるのであれば、
一着はきちんとした礼服を用意するのがいいですね。


30代を過ぎているのであれば、
礼服を一着は持っておきたいな!

って、いうのが本心です。
※仕事では使わない、冠婚葬祭用に・・・


是非、礼服orスーツを購入予定の人は、
「デザイン、生地、黒色の濃さ、光沢」
参考に、冠婚葬祭でも使えるか?を、

チェックしましょうね。

 
分からない時には、お店の定員さんに、
結婚式とお葬式両方で使えるブラックスーツが欲しい!と、

伝えるとわかり易いですね^^

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ