缶コーヒー 砂糖の含有量は?簡単な計算はコレ!

広告

缶コーヒーを
1日に何本も飲んでいませんか…??



…私は飲んでいました(>_<)
でも、もう控えます・・・

私自身、気になっていたので
徹底的に調べましたし、
メーカーにも問い合わせました。

広告


そこで今回は、

缶コーヒーの砂糖含有量と、見るポイント

について詳しくまとめました。


    ★目次

  1. 1日の糖分摂取推奨量とは?


  2. 缶コーヒーの砂糖の含有量は?微糖編!
    (WONDA 金の微糖を例に)

  3. BOSS レインボーマウンテンブレンドだと?

  4. まとめ

ずばり言いますが、
普通タイプの缶コーヒーには、
1缶に10g以上の砂糖が入っています。


まずは、1日の糖分摂取推奨量を、
知ることから始めましょう♪

1日の糖分摂取推奨量とは?


現在、世界保健機構(WHO)が定めている、
糖分摂取推奨量は
1日分の摂取カロリー全体の10%以下」です。

が、2014年1月1日に、これを
半分の5%以下
することを検討中と発表しました。


で、
普段糖分とは、
あまり使用しない曖昧な表現なのですが、

WHO の定義で、ここでは「糖分」を、

「シロップやはちみつ、果物ジュースの天然の糖類、
加えて、製造元や消費者が食品に添加する糖類」
としています。


う~ん・・・

たいてい糖分は、糖質を指すことが多いのですが、
この文では、「糖類」の事を言っているのかな??
とも、受け取れます。


例えば、
1日に2000カロリー摂取した場合、
上記の10%以下(ここでは10%)は、
200カロリーになります。

広告



■糖質の種類によりますが、
糖質1gは、約4カロリーに値します。

なので、200カロリーは
糖質で約「50gとなります。


●糖質と糖類の
2つがあるので注意して下さい!

炭水化物1

図を参考にして下さいね♪
※クリックで拡大します。

糖質=炭水化物―食物繊維になります。


次に、糖質の中に「糖類」が属します。
砂糖やブドウ糖は、この糖類に分類されています。

※コカ・コーラ350mg缶の場合では
「糖質≒砂糖」が約39.5g含まれています…(TT)

ということは・・・
コカ・コーラ350mgを飲んだら
もう、後はない、、、感じですね…(゜o゜;


で、話は戻るのですが、
5%以下にすることで、
もちろん狙いはあります。

糖分摂取量の低下で、糖尿病や肥満、
心臓疾患、虫歯の予防等に期待が持てるのです^^


それでは、缶コーヒーの話に移ります♪

缶コーヒーの砂糖の含有量は?微糖編!


DSC_0010

ここは、少し面倒くさいので
初めは飛ばしても大丈夫ですよ^^


には、

  • ブドウ糖…穀物・果物に含まれる単糖類
  • 果糖…はちみつ・果物に含まれる単糖類
  • ショ糖…ほぼ砂糖です。
    ブドウ糖と果糖が結合した二糖類
ショ糖と砂糖の違いは

  • 砂糖…調味料の名称で、台所にある
  • ショ糖…成分の名称で、実験室にある
こんな感じですね^^


また、清涼飲料水や缶コーヒーには、
デンプン・食物繊維」などは、ほぼ含まれません。


例として、私が普段飲んでいる、
缶コーヒーのWONDA 金の微糖
徹底分析しました。

※100g当りでの計算になります。


今回の「金の微糖」ですと、
缶コーヒーの砂糖含有量を判断するには、

  • エネルギー…18kcal
  • たんぱく質…0.4~0.8g
  • 脂質…0.3~0.6g
  • 炭水化物…3.0g
  • ナトリウム…42mg
  • 糖類…2.3g
以上の中から、「糖類」だけでOKです^^
表示がない場合には、「炭水化物」を見ましょう!


メーカーによって、成分の表示がない場合や、
糖類の表示がないので、炭水化物から
砂糖の含有量を計算
していきますヽ(=´▽`=)ノ

金の微糖 成分

上の画像に表示されている、

  1. 炭水化物=3.0g
  2. 糖類=2.3g
です。

この章の最後の方に、
図でまとめてあります
ので
参考にして下さいね♪


先ほど「糖質=炭水化物―食物繊維」と、
申しましたが…

食物繊維は、ほぼないので、
缶コーヒーに記載されている、
炭水化物=糖質と言えます。


1. 炭水化物=3.0gは、
⇒糖質3.0gと考えて良いです。
(※本来でしたら、
缶コーヒーは、糖質=ほぼ糖類=ほぼ砂糖)


と、
言えるのですが、微糖などの場合は「合成甘味料」
などが含まれているので、純粋に「糖質=ほぼ砂糖」
とならないのです。


そして、その答えは次の「2」にあります。


続いて、
2. 糖類=2.3gは、

ズバリ言いますと、そのまま2.3gがほぼ砂糖です。
これは、100g当りの計算なので、
1缶185gの場合は、2.3g×1.85倍すればOK!!


★ここで、1つ疑問が出てきます!

ではなぜ?
炭水化物と糖類の2つが記載されているのかです・・・


砂糖の量は、おおよそ、1.糖質2.糖類
足せば求められるのかな?

と、思う方もいると思います。

でもこれは、間違いです。
足してはいけません・・・


糖類の表示がある缶コーヒー
糖類=ほぼ砂糖
なので、この数値だけみれば良いです。

表示されている、炭水化物3.0gの中に、
糖類2.3gは含まれています。


本来でしたら、炭水化物の表示のみでも、
砂糖の含有量はおおよそ検討がつきます。

普通タイプの缶コーヒーは、
ほぼ炭水化物=ほぼ糖質=ほぼ糖類=ほぼ砂糖なので・・・


でも、微糖などの場合は、
計算がズレてくる可能性があります。

実際に、金の微糖では、

  • 炭水化物…3.0g
  • 糖類…2.3g
と、ズレていますよね!!


微糖では、砂糖の含有量を炭水化物の量と、
勘違いされないように「糖類2.3g」を…

あえて強調して
表示しているようにも感じます。。。


結論、「金の微糖1缶」には、
砂糖約4.255g含まれます。


同じ微糖でも、他のメーカーより、
若干少ない感じがしますね。

私の飲むコーヒーの中では。。。


あと、「1」の糖質の部分ですが、
糖質―糖類=その他となります。


すると、
「炭水化物3.0g(≒糖質)―糖類2.3g」は、
0.7gとなります。

※この点が、普通のノーマルタイプの
 缶コーヒーと微糖との違いです


この0.7gは、

  • 食品添加物…合成甘味料のスクラロースなど
  • 食品…オリゴ糖、水飴など
  • 糖類…単糖類のブドウ糖など

と、いうことになりますね!!

缶コーヒー 金の微糖


※クリックで拡大します♪

微糖には砂糖を使わずに
コーヒーに甘みを出す成分
合成甘味料がたいてい入っています。


これにより、砂糖を減らしても
甘みを出しているんですね^^

広告


BOSS レインボーマウンテンブレンドだと?


続きましては、
「BOSS レインボーマウンテンブレンド」
解析したいと思います^^


まずは、基本情報ですが、
あれ?
缶に記載されていませんね~・・・(TT)

なので、サイトで調べました。
ついでに、電話でお問い合わせしました^^


成分(※100gあたり)

  • エネルギー…34kcal
  • たんぱく質…0.7g
  • 脂質…0.5g
  • 炭水化物…6.6g
  • ナトリウム…51mg
  • カフェイン…約70mg
  • カリウム…約110mg
  • リン…約20mg

このようになっています!

「BOSS レインボーマウンテンブレンド」は、
微糖と書いてありませんので、
一般的な普通の缶コーヒーですね。


「糖類」の表示はなしです。

なので、炭水化物から、
砂糖の含有量を計算します^^

こちらの缶コーヒーは、お聞きしたところ、

  • 糖質
  • 糖類
の値に関しては、
公表していないとのことです・・・


で、
炭水化物ですが、
食物繊維はほとんどないとのことですので、
やはり炭水化物=ほぼ糖質となります。


あと、
レインボーには甘味料は含まれていません。

缶の「原材料名」にもありませんしね^^


その代わり、
コーヒーに甘みを出す成分として、

  • 脱脂粉乳
  • 牛乳
  • 砂糖
などを使っているんです!!


微糖と違い、合成甘味料等を含んでいないので、
純粋に、ノーマルタイプのコーヒーは…

炭水化物=ほぼ糖質=ほぼ糖類=ほぼ砂糖

という事になりますね(^^ゞ


結論、炭水化物から微量を除いた量が
「砂糖」と考えて良いと思います。

※微量=脱脂粉乳や牛乳等

DSC_0007

で、1缶あたりで計算すると、
「BOSS レインボーマウンテンブレンド」には、
約12.21g砂糖が入っている計算です。

※メーカー毎の違いはありますが、
普通タイプのコーヒーは、1缶に10g以上
砂糖が入っていると考えていいと思います。


あと、
微糖などの缶コーヒーは、人工甘味料の記載を、
たいてい、原材料名に()で表示しています。


世界保健機構(WHO)の糖分摂取推奨量を考えると、
個人的に、レインボー3缶以上はマズイような・・・


気がしますが、皆様はいかがでしょうか?


★炭水化物を算出する計算式です。

以下、1gあたりのエネルギーは、

  • たんぱく質=4kcal
  • 脂質=9kcal
  • 糖質=4kcal(アルコールを除く)
なので、BOSS レインボーは、

  • エネルギー…34kcal
  • たんぱく質…0.7g⇒2.8kcal
  • 脂質…0.5g⇒4.5kcal
だから、
エネルギー34kcal―たんぱく質2.8kcal―脂質4.5kcal
26.7kcal

よって、
缶コーヒーの場合は、

「炭水化物=ほぼ糖質=ほぼ糖類=ほぼ砂糖」なので、
糖質1g=4kcalより
26.7kcal=糖質6.675g≒ほぼ砂糖6.675gになります^^

よって、メーカーの炭水化物の値
6.6gとほとんど同じという結果になりました^^


炭水化物が分からなくても、計算できますよ!

まとめ


いかがでしたか?


缶コーヒーでも、普通タイプは、
かなりの砂糖が入っていますね・・・


世界保健機構(WHO)の糖分摂取推奨量も
参考にして、
今後のことも考えたほうがいいかもですね^^


以上になります。

飲み過ぎには注意ですよー!

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ