摂食障害とは?症状と原因からあなたをチェック!

広告

ダイエットに成功…と、思ったら
異常な食欲が・・・
困る…、なぜこんな事が…??


…確かに、健康な人でも、
その日の体調や気分で、
食欲も変わってきますよね?


摂食障害」という病気が、
最近、増加傾向にあります(>_<)

…気になりますよね??


しかし、自分で自覚があれば、
摂食障害ではない可能性もあります。

広告


もし、家族や友人に、

拒食症じゃないの?とか
過食症じゃないの?など

と、言われましたら…

少し危ないかもです(>_<)


そこで今回は、

摂食障害とはどんな症状?原因は?

これらについて、1からご説明します。


それでは、
自分の体の症状を思い出しながら、
読み進めてみて下さいね♪

摂食障害とは?


摂食障害(せっしょくしょうがい)とは、
心の病気の1つとされています。


「食欲がある」、または「食欲がない」
これらと関係が深いのは、脳の指令です。


従って、
精神疾患の1つに分類されます。


特徴は
拒食症の発症は、平均約18歳です。


逆に、過食症は拒食症と比べ、
発症年齢は高く、平均20歳以上


思春期~青年期」に多く、
女性の割合が圧倒的に高い!


有病率は
特徴は、女性が約90%

残りの約10%は男性ですが、
ほとんど、女性の病気…(>_<)
広告




患者さんの割合は?
日本の摂食障害の患者さんは、
全体の約3%と予測されています。

実際に、医療機関で治療していない
人が加われば、3%という数字は
あまり意味をもたない数字でしょう。

摂食障害の症状と種類!


大きく分けると、
3つの種類になります。


1. 拒食症(神経性無食欲症)
(※厳密にはさらに2つに分けられる)


2. 過食症(神経性大食症)
(※厳密にはさらに2つに分けられる)


3. 特定不能の摂食障害
(※厳密には複数のタイプに分けられる)


しかし、3タイプに
共通する特徴もあるんです。


そのため、患者さんの症状は、
複雑で、実際には様々なんです。


1つずつ大きな特徴を
みて行きましょう!


1. 拒食症(神経性無食欲症)
  • 自分では病気に気づかない

  • 自分が標準体重の80%以下の状態で
    3ヶ月以上継続する

  • 無月経の症状が表れる

  • 食後に自ら嘔吐をしたり、
    下剤を使うことも

  • 普段とは逆に、
    飢餓のリバウンドで食事を異常に求める

  • やせて体力が低下していても、
    非常に活動的な事が多い

  • 他人から「やせすぎ」と言われても、
    今の体型に満足できないので聞き入れない

  • 体が悲鳴を挙げていても感じず、
    体重・カロリー等の数字しか意識できない

  • 成長期に起こる体の変化を受け入れがたい

ダイエット・体重計

2. 過食症(神経性大食症)
  • 自分が標準体重の85%以上ある

  • 一気に大量の食べ物を
    摂取する発作が表れる病気

  • この発作は、自分でコントロールが不可で
    常に起こる可能性がある

  • 普段控えている高カロリーで、
    脂の多い食べ物を一気に食べる

  • 食べ過ぎた後、後悔や自分を責める

※注意
「拒食症と過食症」には、
似ている症状があります。

それを判断する
基準を記載しますね!


拒食症」は厳密に分けると
以下の2つになります。

制限型:食べるという行為に敏感で、少食

むちゃ食い&排出型:飢餓のリバウンドで、
過食を起こすが、嘔吐下剤の乱用をする


そして「過食症」も、
2つのタイプに分かれます。


‘排出型:拒食症の
むちゃ食い&排出型」と似ている。

‘非排出型:排出をしない
食事をとらない・無理な運動でカロリー消費など


上記「②と①‘」の判別には、
体重」を基準に分けます。


[結論]

は自分の体重が、
標準体重(日本の基準)の、
80%以上をではなく、
拒食症状が出現」している!


※ややこしいのですが、
①‘の過食症「排出型」では、
自分が、標準体重の80%以上で、
摂食症状がみられない事!!

です。


3. 特定不能の摂食障害
拒食症と過食症、2つの症状に
該当しない患者さん全てを指します。


そのため、
種類も多いです。

が、
特定不能の摂食障害という症状は、
知っている人や聞く人は少ないです。


その中で病名が
むちゃ食い障害」という症状が、
近年、注目されているんです。


むちゃ食い障害とは

  • 食べ過ぎてしまう

  • 肥満の人が多い

  • 大食いの原因が、
    味覚や食べ物に左右されやすい

  • 理想の体型へのこだわりは
    「過食症」より少ない

  • 大食を抑制できない自分に
    罪悪感を強く感じる

  • 大食いが自分の価値を
    下げている要因と思う

  • 太ることに違和感はあり、
    できれば痩せたいと思う

  • 拒食症と違い、
    一般的な体重くらいが目標

  • 排出行為は大抵おこなわない
    (嘔吐・下剤・利尿剤など)

  • これらの特徴以外は、
    普通の大食いの人とほぼ一緒

  • 男性の割合が、
    過食症・拒食症と違い多い

  • 過食症・拒食症よりも
    年齢層が高い傾向がある

次の章は複雑ですが、
原因についてみて行きましょう♪



広告


原因は?

摂食障害の原因は、
非常に数が多いです。


また、
個人差が激しいため、
非常にややこしくて、
難しい病気であることは確かです。


ダイエット・メジャー


これから、
代表的な原因について
みて行きましょう!!

ダイエット
摂食障害の大きな原因!!

もちろん影響を受け易いのは、
女性になります。


自身が太っているのでは?と
必要以上に思い込むと、
無理なダイエットへと駆り立てる。


結果として以下の様に、

ダイエットに成功
さらに体重を減らす努力をする
この流れが原因に繋がることも。

※食事を厳しく制限するダイエットは、
 特に摂食障害になりやすい



ストレス
ストレスには、この病気を発症させる
先天的要因がある!とされているのです。


ストレスの処理能力が弱いと、
発病につながりやすいと考えられます。


思春期・青年期の女性では、
思春期の「勉強」などが、
過度のストレスになることも。


また「人間関係」も、
“ストレス⇒摂食障害”
の様に影響を与える
原因の1つと思われます。


他にも、人それぞれストレス
を受ける原因は多種です。


社会・文化の影響
現在、スリムな体型が、
社会的に求められています。


これは、健康面の事を考えずに、
ただ単に「スリム=モテる」といった…

イメージが文化として
根付いてしまったからでしょう。


特に女性の意識は、この考え方で、
過剰なダイエットの方法へ向かいます。


すると、上記の「ダイエット」
の項目のようになりがち!


若い女性は、
痩せている有名人に憧れます!

が、
それは社会的影響
受けているということです。。。


実際に、
20代女性の平均体重は、
年々低くなっているのです。


家庭環境
原因の1つに、子供の頃から、
過度にプレッシャーをかける。

親が将来、こうなって欲しい!と、
いう思いが、強すぎてしまうんですね。


また、
母親から愛情を受けずに育った場合も
摂食障害の要因の1つでは?と
考えられています。


父親も・・・
  • 父親と母親の仲が悪く会話がない
  • 父親が全ての権限を握っている家庭
  • 父親が子供の育児に無関心

これらも、原因になる可能性が・・・


うつ病
うつ病が、摂食障害を誘発するのか?
それとも、
摂食障害が、うつ病の引き金になるのか?

これは、はっきりとは解りません。


でも、
うつ病患者さんが、摂食障害を
起こすのでは?と、感じている人は、
実際に多くいます。


おそらく、
原因の1つではないでしょうか?


また、
摂食障害に「抗うつ薬」が
有効な場合が多い…

これは、うつ病との関連性が、
深いと考えていいと思います。


性格
完璧主義者
挫折を経験することで、
発病のきっかけとなる。


負けず嫌い
若い女性は、他人と比較しがち。

自分の体型が、ある人よりも
劣っている事が許せない。


これは「社会的影響」を受けていて、
痩せている=美しい。
と、思い込んでしまう。


また、負けず嫌いの性格は、
勝てない時、ストレスの負担が、
大きいと想像できます。


自分に自信がない
思春期の女性は、
自然と体型を意識します。


自分の体型が、他人と比べて、
もの凄く劣っていると感じて、
自分を責める事で、発病の原因に。

最後に…

いかがだったでしょうか。


摂食障害」について、
大まかな謎は解けたでしょうか?


傾向的に、
これから更に、増加する可能性が
高いと思われるので、要注意!!


今日は以上になります。

ありがとうございました。

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ