焼き芋の作り方!バーベキューで石焼き芋が超美味しい!

広告

バーベキューで、
焼き芋をしていない
…??



冗談きついっすね^^

えっ、じゃがいもだけ?
さ・つ・ま・芋はどうしたの?

そんなの関係ねぇー、って事ですか?

わかりました、過去より未来
というワケで、今までのことは忘れましょう。

広告


が、
超・重要メニューの「さつま芋」!

この機会に、ぜひ、
丸暗記して下さいね(・∀・)


まぁ~、焼き芋は、家庭でも作れますが、
あんまり…と言うか、
挑戦する人はかなり少ない様子。。。


でも、バーベキューでは…

流行っているんですよ!!
焼き芋」くん。
特に、管理人の周りでは(^^ゞ


で、今回、“鉄人バーベQ
と呼ばれ、様々な料理で異性の好感度を
上げてきた管理人が、

バーベキューでの焼き芋の作り方」を、

丁寧に、体験談からご案内しますね。


更に、みなさんの一歩先を行く、
石焼き芋」が今回のターゲット!


本当に、美味しい焼き芋の作り方は、

  • さつま芋の種類

  • 焼く時間

  • 焼き方

  • 湿度

などに、気配りが必要です。

が、
バーベキューで焼き芋を作る際には、
あまり気にしないで、雰囲気を味わいましょう

細かくこだわると
キリがないですから…(ヽ’ω`)


とは言っても、ポイントはきちんと
ご説明しますので、大丈夫!!

それでは、私が異性から
すごい!何でも知っているのね!♡」

と、好評の焼き芋の作り方を、御覧下さい♪

バーベキューで焼き芋を作る方法!


準備するものは↓↓

  • さつま芋(人数に合わせて)

  • ヤカン(底が厚いものがいい)

  • 石(川なら拾える)

  • アルミホイル



  • キッチンペーパー(新聞紙よりおすすめ)

  • ライター

あると便利なものは↓↓

  • 軍手

  • 着火剤
これらを用意しましょう♪


とは言っても、

管理人は、川でバーベキューを
する事が多いので、準備するものは、
ヤカン」と「さつま芋」だけなんです。

それでは、これらを使って、
美味しい焼き芋の
作り方をご説明していきます♪
広告



焼き芋の準備!


さつま芋を
これでもかってくらい洗います


事前に、たわしでゴシゴシと洗ってから、
バーベキューに持って行くといい^^

全てじゃないですが、管理人流では、
皮も気にせず食べるので(*^_^*)


穴を掘る(管理人は川)
川の陸地などを、20~30cm掘ります。

次に、掘った場所は湿っているので、
新聞紙を厚めに敷いて、
その上に、細かくした炭をセットします。

で、
炭に火を付けます

この時に、
着火剤があると便利ですね!

ない場合は、固めに丸めた新聞紙を、
多めに使って、炭に火を付けます。


炭の量は、芋の数次第ですが、
多めで大丈夫!!

炭に火が付くのを待ちます。


炭に火が付く間に、
川で1~2cmの小石を集めます


これは、ヤカンで石焼き芋を作るのに、
使用します。

簡単に集めるには、
川の浅い場所がいいです!

量は多めで、ヤカンに入れて、
高さが5cm位を目安に^^


それと平行して、砕いた炭よりも大きめの石、
目安は5cm以上を、10個程度集めます。

川でしたら、簡単にみつかりますね(・∀・)


ヤカンに入れる小石は、
水を切ってヤカンに入れる


大きめの石の方は、穴を掘った場所の
炭の隙間に入れていきます

この石の上にヤカンをのせます。

上手く石を均等の高さにセットします。


炭火で小石の水分を、
飛ばしましょう。

熱すると、石が跳ねることがあるので、
ヤカンには蓋をしておいてね。


さつま芋を
「キッチンペーパー」で包む


新聞紙だと、焼き終えた芋に、
くっつきやすく、インクが残るので、
管理人は使用しません。

で、
キッチンペーパーで、
包んだ芋を水に入れる

もしくは、
たっぷりと水をかけて湿らせます。


その後は、
軽く握って水分を切ります。

芋の濡れ具合は、ポツポツ
水が垂れるくらいで大丈夫^^!

次は、その芋をアルミホイルで、
3重くらいに包みます。

1重だと、焼き芋の極意の1つ、
水の湿度が逃げやすい為、
3重を目安に巻いて下さいね。

また、キッチンペーパーもアルミホイルも、
芋に隙間ができないように
しっかり、強めに巻くのが「コツ」です!!

これで、準備はバッチリです^^


管理人的には、二種類の石を使うので、
石・石焼き芋」って、感じです(笑

ヤカンの下では、炭火と熱した石で、
加熱をして、ヤカンの中では、
小石が遠赤外線のように作用します(´・ω・`)

それでは、次の手順に移ります。
と、言っても簡単ですよ♪

石焼き芋をパックリ

簡単!作り方をご紹介!


step1. ヤカンの中の小石を温める

川で集めた小石の水分を蒸発させ、
少し石が温かくなったら一度取り外す


step2. ヤカンにさつま芋を入れる

ヤカンの小石に、準備出来た
さつま芋を、めり込ませる様に、
入れていきます。

芋が小石にめり込んでいると、
熱が効率良く伝わります。


step3. 炭の火力に注意

慣れも必要ですが、
炭の火力は、強すぎるくらいなら、
弱いほうがいいです。

甘くて美味しいさつま芋を作るには、
温度調整が、とっても重要なんですね。

甘さを十分に引き出すには、
65~75度が理想的なんです(ヽ’ω`)

さつま芋の、
甘みの正体は麦芽糖です。

この温度だと、酵素の力で
麦芽糖に分解されやすいんです。


まぁ~、簡単な説明ですが、
上記の温度を長時間保つことで…

焼き芋の甘み・美味しさがアップすると、
覚えておいて下さいね(*^_^*)


step3. 20分に一度様子を見る

ヤカンを開けて、芋の向きを変えると、
上手く「」全体に熱が伝わります。

炭の火力が強い時には、
(火が見えている場合)
炭にビール(?)を少しかけて、
火力を抑えます(私だけかな?ビールは…)。


広告


あっ、それ以外の時は、
ヤカンの蓋は閉めておきます。

石が飛んだり、
湿度が逃げないために!!


step4. 出来上がる時間

ヤカンの大きさ、
芋の数、火力の強さなどで、
出来上がるまでの時間は、
変わってきますが…

管理人は、だいたい60~90分くらいで
バーベキューの石焼き芋」を作っています。

石焼き芋で使う芋の大きさは、
近いものがいいです!

でないと、石焼き芋が、
同時に出来上がりません…(>_<)


step5. 石・石焼き芋ができているか確認

確認の作業は、長い竹の串
一番使いやすいですね^^

なければ、つまようじでも大丈夫!

サクッと、中心部まで軽く刺されば、
出来上がりです(*^_^*)


軍手などで取り出して、
巻いた物を外せば、
見事な、石・石焼き芋とご対面ですよ。

熱いので軍手をして、
2つに割ってみてね

芋の中が、黄金色で、
焦げた香りがすれば、大成功♪

です(*^_^*)


まとめ

今日の記事、
いかがだったでしょうか。

管理人は、バーベキューに行くと、
やきそばよりも、焼き芋を作ります。

結構、面倒だなぁ~、
と感じるかもですが、

はっきり言って、
作り方や準備は簡単です。


石焼き芋の石は、
購入もできますよー!

ホームセンターで、
様々な大きさ・種類の石が
揃っていますので。


最後まで、
ありがとうございました。

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ