部屋の大掃除のコツとは?このステップなら完璧!

広告

大掃除をしたいけれど、
上手なやり方ってあるの…??



…確かに大掃除は、
どこから手をつければいいのか?

悩みますよね?

広告


私は、子供の頃、喘息やアトピーで
苦しんでいたので、掃除に関しては
けっこう気合を入れてやっていました!

そんな訳で、かなりの達人です^^


そこで今回は、

大掃除のコツ、部屋編』を

詳しく・簡単な方法でご紹介します。


一度、お部屋の周りを見渡して、
どれくらい散らかっているのか?

・・・確認してみると(苦笑


さっそく見て行きましょう♪

よろしくお願いします。


今回ご紹介する手順を詳しく書くと、
以下の様な内容になります。


①必要な物を準備
②ゴミ袋・ダンボールを配置
③手順に従って進める
④捨てるものの判別の仕方
⑤いるものと、いらないものを区別する方法
⑥天井や室内電気、床の掃除
⑦部屋に置くものは少なくする
⑧大掃除の注意点


部屋の大掃除のコツ!準備編

まずは、本気で大掃除をする前に、
必須なものや、
あると便利なものを用意します。


それでは、準備する道具の発表です!!

[必須]

  1. ダンボール3~4個程度…仕分けして分類する

  2. ゴミ袋…ゴミを分別して捨てる(最低4枚くらい)

  3. 掃除機…部屋の掃除に使う

  4. バケツ…水拭きの雑巾を作る

  5. 雑巾数枚…部屋の水拭きに使う

  6. マスク…大掃除中ホコリがすごいので必須

  7. 紐とハサミ…雑誌や新聞を縛る


[あると便利な商品]

  1. ①ダスキンなどのハンディータイプ系の物
    (ホコリを取る)

  2. 貴重なものを入れる小物入れ
    (小さなバックでも良い)
    (掃除中に出てきた大切なモノを入れる)

  3. 家庭用合成洗剤
    (汚れがひどい場所に使用)


それ以外の準備は↓

  • 窓を全開にする
  • 家電製品のコンセントは外す
    (※テレビ・ラジオなどをかけない、集中するため)

準備ができたら、部屋でゴミ袋を↓

  • 缶類

  • ペットボトル

  • 燃えるゴミ

などに分類して
部屋の空いたスペースにセットします。
(ゴミの種類は地域によります)。


また、
  • ダンボールを3~4個

これも部屋に用意すれば
スタンバイはOKです!!
広告



部屋の大掃除の進め方!

大掃除では、とにかくいらない物
捨てるのが基本中の基本です。

コレはしっかりと
頭に入れておいて下さいね!


1番初めはこちら↓↓

初めに、
部屋の中にある大きい物を、
室外に出しておくと、
大掃除の効率が上がります。

例えば、
部屋にあるテーブルや椅子、
テレビやコンポなどですね^^


掃除の効率を上げるために、
ぜひ、大掃除を始める前に
大きな物を室外に出そう!!

で、いらないものと、
いるものを分別する際に、
覚えておきたいのがコレ♪


  • 51%以上いるもの
  • 50%以下いるもの

大掃除ですので、
50%以下いるもの」に該当するものは、
積極的に捨てていきましょう。


大掃除が終わっても、
ゴミが沢山残っていたら、
本末転倒ですからね!

情けは無用です=(´□`)⇒グサッ!!


次の手順はこちらです↓↓

1. 部屋の布団・衣類・クッション
これらは部屋から出して、
必要な物のみ洗濯機に入れる。


このとき、衣類などは
いるものと、いらないもので、
分けることが出来ますよね?

いるものと、判断した衣類は、
空き時間を利用して、
その場で洗濯しちゃうのもあり!!

コツは、厳し目の判断です。

たいていの場合は、
悩んだら、いらないものです(経験上)。


2. 部屋の四隅のどこから片付けるか
これは、常に私が使っている方法です。

1番ゴミが多そうな場所を選びます。
そう、ひどい場所から片付けていきます

とにかく徹底的に、
一気に片付けていきます。


大掃除・女性

いるもの・いらないものを区別する!

コツは、先ほどの、51%以上必要か?
50%以下必要か??を、基準にして、
バシバシと捨てていきます。


紙類などもさっと見て
重要な書類か?を、判断して、
必要なければゴミ袋に入れます。

コツは、空き巣が入った?
と、思えるほど勢いよく、

バシバシ物を出して…
いるものと、いらないものに分けていきます。

掃除中に見つかった小物は、
貴重なものを入れる小物入れ
などに、入れておくとなくなりません^^


そして、いるものが出てきたら、
初めに用意した、ダンボールに入れます。


ダンボールでの仕分けは↓↓

  • いつも使うもの
  • 今はまだとっておくもの
    (※1年後にも必要な物か?も、基準に)

コレに従い、
ダンボールへの仕分けも、
厳しく分類していきます。

いつも使うもの以外は、出来るだけ
第二候補以降のダンボールに入れます。

で、ダンボールは、3個以上あると便利!!


この作業を、あなたの部屋の四隅以上で行えば、
グイッと軽くなること間違いなし!!

部屋全体で、上記の作業を終えたら、
次のステップです♪



広告


●続いての作業は!!

ビニールのゴミ袋を、きちんと、
燃えるゴミ・燃えないゴミ等に分別出来たら、
部屋から出しましょう。

押し入れがあれば、この時点で、
いるものを詰めたダンボール
押入れに入れても大丈夫です^^

その際には、押し入れも
きちんと掃除してね!!


入らない場合は、一度部屋から
室外に出して、部屋をスッキリさせます。


ここまで終わりましたら、
次に進みます♪


●天井や室内電気、床の掃除です!

これは出来る範囲でやって頂ければ、
大丈夫ですよ。

でも、最低でもホコリは落としましょう。

少し時間を置いて、
ホコリが下に落ちたら、
部屋全体に、掃除機をかけます。

汚れがひどい時には、
水拭きで、拭いてキレイにしましょう。


これから掃除する女性

大掃除の後半!コツは?

次は、
外(押入れ)に出しておいたダンボールを
部屋に入れて、使うものだけ出して
セッティングします。

コツは、部屋に置く物を
極力少なくすること!

これは大切です^^


で、
ダンボールは、押入れやベッドの下などに
入れると、バッチリです(*^_^*)

あと、最後にダンボールに
何が入っているのか?

日時と物の内容を記した紙
一緒に入れておけばバッチリ!!


常に必要な物は、
当然部屋に出ていても良いのですが…

無駄に物が部屋にあると、
すぐに散らかってしまう原因に!

これは、心理的でも
そのようになっているんですね。

確かに、すっごく綺麗な場所を、
汚すのって抵抗ありますからね^^;


次の章は、大掃除の注意点です。

大掃除の注意点!

とにかく、無駄な時間を使わない。
一気に大掃除を終わらせます。


A). 大掃除の最中に出てきた写真をみない

B). テレビ・ラジオ、などをかけない
これは、初めのほうで、コンセントを
外すと言いましたが、
集中することが目的です。

また、コンセントが入っていると、
大きい物を動かせません。


掃除の邪魔となるので、
ぜひ、実行してみて下さいね。

加えて、更にきちんと掃除を
したい場合は、

  • 壁の水拭き
    ※汚れがひどい場合は家具用合成洗剤などを使う

  • 部屋全体のホコリ取り
    ※高いところから順に、ハンディータイプの
    物でホコリを取る


まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、大掃除のコツ、部屋編
ご紹介しました。

初めは、つまらなくても、
部屋がキレイになってくると、
けっこう悪くないものですよ^^


大掃除は、効率良く手順通りに
行えば、決して難しくないです

最後に、とにかく捨てまくる!!
1番のコツは、コレに尽きます。


今日は以上です。
ありがとうございました。

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ