LINEで送る
Pocket

広告


「ロヒプノール」という睡眠薬があります。


患者さんから人気があることもあり、

睡眠薬の中では有名な薬です。

ロヒプノール2

睡眠薬というと、何だか怖いイメージが

あるかもしれませんが、きちんと用量を

守って短期的・頓服的に使用していれば、

さほど問題はないと言われています。

 

今回は、

ロヒプノールの効果のすごいところ、

効果発現時間や、作用時間、またそれ以外のこと、

これらについて、徹底的に調べてきました。


それでは、発進します!

広告


ロヒプノールの服用

脳の神経をしずめる作用があり、

緊張感や不安をやわらげ気分を落ち

着かせて、自然に近い眠りに誘導してくれるでしょう。

 

通常成人1回、フルニトラゼパム

(ロヒプノールの成分)を、0.5~2mg

就寝前もしくは手術前に経口服用するのが一般的です。

 

年齢・症状によって、適宜増減しますが、

高齢者には1回1mgまでが一般的です。

 

症状により用法用量は異なりますので、

医師の指示を守ってください。

プリント

ロヒプノールの効果!ここがすごい!

ロヒプノールの歴史は長く、1975年

ヨーロッパで販売を開始されました。

世界70カ国前後で販売されています。



ロヒプノールの効果のすごいところ!


◆安全性・効き目

ロヒプノールには1mgと2mgの錠剤

そして2mgの注射液の規格があります。

 

現在は、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

というものが誕生し、副作用が軽いと言われるため、

こちらを初めに処方する医者も多いですね!
(実際に副作用が軽いかどうかは、賛否両論のようです)


しかし、それよりも古いタイプの、

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の1つである、

ロヒプノールは現在でも多く処方されていて、

高い安全性は伺えます。

 

現在、主に処方されている睡眠薬の中でも、

より強く、より深い睡眠が得られる

抜群の効き目があるとされているところがすごい!
広告



◆効果発現時間&作用時間

薬が効き始めるまでに、15~20分程度

かかりますので、服用後にお休みになれば

ちょうどいい感じで、眠りに入れそうです。


ロヒプノールの作用時間は、中間型ですので

血中濃度の半減期は時間程度です。

血中濃度半減期が、
7時間の薬でも、効果が7時間
期待できるワケではありません。

これは「最低血中濃度」が関係しています。

この数値が低ければ、血中濃度が
有効域」以下になってしまいます。

すると、
血中濃度半減期の時間が長くても
薬が有効域以下であれば、
薬の効果を実感できません。

いたずらなどに使われて有名な、

ハルシオンは「超短時間型」で、

歴史のあるベンザリンは「長期型」になります。

 

この中間にあたるのが、

ロヒプノールということですね。

 

通常の人は、睡眠時間が6~8時間

だと思うので、ロヒプノールは、

睡眠時間と非常にベストな関係なのです。

 

そのため、寝起きの際、薬で眠気が残る

ことも少なく、目覚めがいいのがすごい!

 

◆脂肪に溶けにくい

ロヒプノールの大きなメリットとして、

脂肪に溶けにくいことで、

効果をフルに発揮、できることです。


太っている人は、

お酒に酔いづらいと言われるように、

薬を服用しても、主成分が体の内で脂肪

吸収されがちで、その効果を

全て発揮できないことがあります。



幸いロヒプノールは、

脂肪に溶けにくい性質から、

薬の効果をフルに発揮、

できると考えられています、凄い!!


◆メリットは多いが、
デメリットは同じ


ベンゾジアゼピン系の睡眠薬や、

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、

安全性が高いので、万が一、大量に服用しても

生死に関わる危険性が低いメリットがあります。


ロヒプノールの効果は睡眠薬の中では、

効果が優れているが、デメリットのほうは、

ほかの睡眠薬と同等と言われているのがすごい!


◆他にも

他のベンゾジアゼピン系製剤と同じように、

鎮静

抗不安

抗痙攣

筋弛緩作用


上記の作用があります。


日中にロヒプノールを服用すると、

抗不安薬(作用は強め)と同じような

作用をするという意見は多いです。


また、筋弛緩作用も強いため、

服用すると仕事終わりの風呂上がりのようなグッタリ感を感じて、そのまま気持ちよく眠りに入れるとのこと。

広告



まとめ

ロヒプノールは睡眠薬としては有名で人気も効果も申し分ないと考えられます。

034707

心療内科や精神科で、初診で処方されることは、

ほとんどないと思いますが、寝付けても途中で目が

覚めてしまうような症状ですと処方されます。


安易に睡眠薬に頼るのは、

薬物依存の危険性が

増すので、おすすめできませんが、

つらい不眠症の患者さんは

あまり我慢しすぎると体を壊してしまいます。



そんな時には今回紹介したロヒプノールや他の

睡眠薬を使うことも悪いことではないと思います。



今回の記事が参考になれば幸いです^^

広告

ここまで読んでくださりありがとうございました。
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら
以下からシェアしてくださると嬉しいです
(^^)

LINEで送る
Pocket