デパスの副作用!生理不順は?太るの?それ以外は?

広告

デパスという薬があります。

 デパス写真

今回は、デパスに副作用はあるのか?

について、徹底リサーチしました。

 

それでは、スタートします♪

広告


デパスに副作用はある?

結論から言うと、デパスには、副作用があります。

 

しかし、医師に処方された量を服用していれば、

比較的副作用は少ない薬とされています。

 

主な[副作用]として…


①日中の眠気

②集中力の低下

③倦怠感

④ふらつき感

⑤生理不順

 

などの「副反応症状」と呼ばれる

症状が出てしまう事が確認されています。

 

これらの症状は高用量でなければ、

あまり心配する必要はないとされていますが、

実際には「個人差が」はげしいのが現状のようです。

 

①②③④については、デパスには、

抗不安作用、鎮静作用、催眠作用があるので

作用が強く出てしまえば、副作用の原因となります。

広告




⑤生理不順

これについては、

デパスを服用している(もしくはこれから)

女性の方は気になるところですよね。

 

調べてみると、確かに、

生理不順になっている人がいます。

 

しかし、逆に、生理不順が治ったという人

もいるようですので、やはり「個人差」大きいようです。

 

デパスは、女性ホルモンである、

「プロラクチン」を増加させる作用と、

 

男性ホルモンである「テストステロン」

を減少させる作用があるため、

関係しているのではないかと思われます。

 

そして、

女性の心と体の関係はデリケートですよね!

 

とくに、精神的なストレスを抱えると、

生理不順を引き起こす

原因になる可能性があります。

 

デパスによって、ストレスが緩和されたことで、

生理不順が治る事も考えられるようです。

 

デパスなどの抗不安剤の服用で、

生理不順の症状が起きた場合は、

すぐに、主治医に相談して下さいね。

 

薬を変更してもらうなどの

方法で改善する人もいるようです。

 

お薬

その他の副作用は?

デパスで太る?

これについては、直接的な因果関係はないようです。

 

胃潰瘍などの症状を軽くする目的で、

処方されることもあり、この作用が食欲を増強

させるため、デパスで太ると思われているんですね。

 

また、抗不安薬の作用で、気分が落ち着く

ことや、睡眠がしっかり取れるなど精神が安定

することで、食欲が増す可能性はあるでしょう

 

けれども、デパスの副作用で直接「太る」

という効果はないので、

あまり心配しないでも大丈夫だと言えます。

 

これらの作用で、太る人は「少数」のようです。

 

しかし、上記以外の病状により、

精神面からくる、過食症状などではデパスが

間接的に働き、太ることもありそうです。


実際、私は太りはしませんでしたが、
デパス服用後に食欲が出てきましたので・・・

 

◆乳房の肥大化や乳汁分泌

 
乳房の肥大化(張って大きくなる)や乳汁分泌、

これは副作用で現れることがあります。

 

女性からすると、もしかしたら嬉しい誤算?

かもしれませんが、乳房が張る人がいます。


そして、

痛みを感じることもあるみたいですね。


症状を感じたら医師にきちん

相談して、薬の種類

変更、もしくは量の調節をしたほうがいいです。

 

◆依存

長期間にわたって、多い量を服用し続けていると、

体が薬になれた状態になり、やめにくくなります。

 

このようなとき、急に服用をやめると、

強い不安感、いらいら、不眠、ふるえ、けいれん、

幻覚という予想外の症状が希に出現することがあります。

 

ですので、

自己判断で急にやめるのではなく、医師に相談して、

徐々に服用量を減らしていくようにしましょう。

 

◆アルコール

アルコールとデパスなどの向精神薬は、

神経抑制作用アルコールでの酔い

作用を強める可能性が高いんです(;一_一)


その為、精神機能、運動機能の低下を

起こすこともあり、危険ですのです。


注意書きにあるように、

原則、同時摂取は要注意なんです。。。


広告


代表的な、副作用を上げてきましたが、

実際、専門書などを見るともっと多くの副作用が記載されています。

 

出現頻度が、非常に低いものも、

きちんと載せているのでしかたがないのですが、

気になる方は目を通してみるといいと思います。

 

で、どんな薬なの?

デパスは、穏やかな抗不安作用、鎮静作用、

筋緊張緩和作用、催眠作用のある「抗不安薬」です。

 

同系統の薬と比べ、作用は強く、

日本が生んだ万能薬などと言われる薬で、とても優秀で、

現在でも、非常に多く処方されている薬の1つです。

 
前回の記事で以下の内容を書きましたので、

気になる人は読んでみてくださいね↓↓

 デパスの効果と時間は?内科や整形外科でも処方される?!

 

副作用についての知識!

薬には、「効果」があるように、

「副作用」セットと考えていいと思います。

 

小さな副作用を入れれば、

全ての薬にあてはまるかもしれません。

 

例えば、風邪薬の副作用であれば、

眠気や倦怠感、鼻炎薬でしたら、

眠気や口の渇きなどが一般的に知られています。

 薬の錠剤の写真


効果が、副作用を上回るのでしたら、

使用することも検討するという考えで、

一般的に薬は使用されます。

まとめ

今回の記事いかがでしたか。


デパスにはやはり副作用はあります。

 

しかし、事前に医師に、持病がないかを確認して、

現在服用している薬を告げて、アレルギーを持って

 

いるのであれば、きちんと伝えて、医師の処方

どおりに服用すれば、徹底リサーチした結果、

デパスは比較的安全な薬と、医師も思っているみたいですよ^^

 

薬に頼りすぎるのも、問題なのですが、

薬に頼ったほうが良いケースもある!事は、事実です。

 

現代社会は、ストレスとの戦い

とも言われているくらいですので、

これからも処方されていくでしょう。

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ