服のカビの取り方とは?自宅でできる強力3ステップ!

広告

ついに私も被害者に…
この服のカビ落とせるの…??


…生活していると、
こんな疑問出てきますよね?

カビの代表的な原因は以下ですが、

①換気が悪い

②湿度が高い

③掃除の頻度が低い
 
他にも、カビの原因は色々とあります。
広告


そして、に付いてしまった
「カビ」は正直厄介ですよね。

 
そんな時に、真っ先に
思いつくのがクリーニング店ですよね?

 
そう、クリーニング店は
服のトラブルに関してはプロです!

 
水洗い、汗抜きといった方法で、
カビをやっつけるみたいなんですね^^

 
でも、自分で服のカビを落とせれば
それに越したことはありませんよね?

お金も結構かかるし・・・

実は、管理人の友人は
クリーニング店を経営しているんですよ!(´∀`)

 
そこで今回、沢山ある方法の中でも、
最も効果が高く、かつ、誰にでもできる
ナイスな方法を、こっそり聞いちゃいましたよ!

 
これで、クリーニング店の仕事は減りますが、
この際無視です!(・ε・)キニシナイ!!

 
それでは、早速こっそりと見ていきましょうね♪

カビの取り方!準備するもの!

服に付いたカビで、 白カビならば、
比較的落としやすいのですが、
問題は黒カビですよね?

 
きっと皆さんも、この「黒カビ」に
悩まされているのではないでしょうか?

 
厄介なことに、黒カビは、
存在に気づいた時には、
普通の洗濯では取れないんです・・・


 
カビの対策方法をまとめた記事です。
コチラも、よかったら目を通して見てくださいね♪

梅雨のカビ対策!基本を押さえて快適な環境づくり!

で、
話を戻しますが、 用意する物は↓


  1. 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)
  2. オスバン、ヂアミトールなど
    (成分:ベンザルコニウム塩化物)
  3. カビの生えた服を、付け置きできる入れ物
    (フタ付きだと便利)
  4. スプレーボトル、100円均一などにあります
 
以上の4品となります。

と、
その前に、注意点があります。

 

  1. 繊維製品には、過炭酸ナトリウムを使わないほうがいい!
  2. 過炭酸ナトリウムの濃度にもよるのですが、
    手荒れしやすい方はゴム手袋を使ってください!
  3. 塩素系漂白剤などの、
    塩素系とは絶対に一緒に使用しないでください!


それでは、1つずつ順に説明していきますね。

1. 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)

過炭酸ナトリウムとは、市販されている
酸素系漂白剤の主成分になっています。

使い勝手は抜群なのに、
頑固なシミ汚れを分解してしまう実力。

今回の、服のカビの取リ方では「メイン」商品になります!

2. オスバン、ヂアミトールなど

優れた殺菌・消毒剤です。

成分:100mL中 ベンザルコニウム塩化物10g含有
物を選びます。

ほとんどが、この濃度で売られていますが、
買う際には濃度の確認を!


DSC_0038

3. カビの生えた服を、
付け置きできる入れ物

今回、お湯に過炭酸ナトリウムを溶かして使うので、
保温効果のあるフタ付きがお勧め。

服の大きさに応じてサイズを選びます。
100円均一でも買えますよ。

 

4.  スプレーボトル

オスバンやヂアミトールを水で薄めて、
殺菌・消毒するスプレーを作るのに使います。

「1&2」は、薬局で揃いますが、
通販の方が安く購入できますよ^^

もちろん、私も通販を利用しています!


次の章では、
用意した「1~4」を使った服のカビの取り方です♪
広告



服に付いたカビは?

初めに、叩いたりして、取れそうなカビ
外で払ってみてくださいね。

カビは少ない方が落としやすいので。

 
その際には決して、室内でカビを
叩かないようにしましょう。

 
カビが、部屋中に飛び散ります…《゚Д゚》

 
それでは、

具体的な服のカビの取り方を、
こっそり紹介して行きますよ^^

 
あと、消毒剤ですが、ここからは、
「オスバン」を例に説明していきます。

成分は同じで、
商品名の違う物がたくさんあるので。



  1. 水500mlに対して、オスバン20ml
    スプレー式の容器に入れます。

    濃度は高めです!

    入れたら、混ぜてください。

    私の使っている、オスバンと同成分の、
    ザルコニン液P(ベンザルコニウム塩化物)は
    500mlのボトルで、キャップ1杯に約5ml入ります。

    次に、カビの生えている部分によく吹きかけます

    カビには菌が根付いているので、
    確実に殺菌・消毒をしてカビをやっつけます。

    繊維の奥に、カビの根が残っていると、
    再びカビが生えてきますので、
    この作業は大切ですよ!^^

    その後、ハンガーなどに掛けて、
    5~10分間放置します。

    そして、次のステップです。

  2. 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を、
    50度のお湯に混ぜる
    のですが、

    この時、服を付け置きできる容器の中で、
    お湯1ℓにつき過酸化ナトリウム10gの比率にします。

    そして、カビが生えた服を容器に浸します。

    お湯が温かいうちに、
    付け置きしつつ、カビをもみ洗いします。

    また、カビの場所の生地が薄くない場合は、
    歯ブラシやたわしで
    ゴシゴシしてあげると効果は上がります。

    お湯が冷めてきたら、フタをして付け置きで
    1時間くらい放置

    (カビの箇所がが浸かるように)します。

    この際、お湯の温度を
    なるべく維持できるように、フタがあると便利。

    過炭酸ナトリウムは、
    水よりお湯の方が効果が増します


    しかし、熱すぎると(60度以上の温度では)
    分解速度が漂白速度に比べて
    速くなってしまうので、
    漂白効果は落ちるようです。

  3. 1時間経過後、カビの状態を確認して、
    まだ残っているようなら、再度「2」を繰り返します。

    頑固な黒カビの場合は、1~2回「2」の作業をしても、
    まだカビは残ってしまうのが普通ですので根気よく

    カビの色素は、洗剤で全く落ちてくれないように、
    非常に頑固なんです。

    なので、黒カビなら最低3回
    「2」を繰り返さないとカビは取れないよ…

    って、クリーニング屋の
    経営者は言っていました…(´・ω・`)

    でも、この3ステップを根気よく続けていれば、
    少しずつ黒カビは消えていくのでご安心を!^^

    と、アドバイスを頂きました!
 
これで、クリーニング代もかからず、
自宅で超簡単に服のカビが落とせますね!

あ、それと作業が終わったら、
そのまま洗濯して大丈夫です。

 
そして、干し終えたら
再度、「1」で作った、オスバンと水を混ぜた液体で、
カビが生えていた部分を殺菌・消毒して下さい。

 
この殺菌・消毒液はカビの予防にもなります。

一度カビが生えたところは、再度生えやすいので。

広告


まとめ

いかがでしたか。


友人が、自宅で出来る最も簡単、
かつ効果のある方法
だと言っているので、
これは間違いないでしょう。

また、揃える物も少なく安上がりで文句なし。

用意するものも、
ドラックストアで購入できるので簡単!(´∀`)
(通販の方が、種類は豊富で安いです)

 

また、お風呂場で使う、
匂いの強い塩素系漂白剤と違い…

服というデリケートな生地を傷めないため、
色落ちの危険性は低いですね。


最後までお読みいただいてありがとうございました。

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

8 Responses to “服のカビの取り方とは?自宅でできる強力3ステップ!”

  1. 小木大樹 より:

    中段四角枠内、一番重要な個所2で、過炭酸ナトリウムを過酸化ナトリウム(赤太字)と書き間違えています。

    • クランキー より:

      小木大樹さん、こんにちは。
      ありがとうございます^^

      さっそく、修正させていただきました。
      ご親切にご連絡いただき、感謝しております。

      今後はもっと気をつけて記事を書こうと思います。
      どうもありがとうございました。

  2. オーガスト より:

    質問です。スーツなど家で洗濯出来ない物も、この方法で大丈夫でしょうか?

    • モグモグ より:

      オーガストさん、こんばんは。
      コメントどうもありがとうございます。

      私の場合ですが、家で洗濯できないものには試していません。

      素材によっては大丈夫だとは思いますが、念のためスーツなどには試さないほうが良いと思います。

      どうぞよろしくお願いします。

      • オーガスト より:

        ご丁寧にお返事頂きまして、ありがとうございました。

        • モグモグ より:

          オーガストさん、こんにちは。
          ご連絡が遅くなりすみません。

          こちらこそご丁寧にコメントをいただき、ありがとうございました。

          PS. 特に高価なスーツなどに関しては専門店に持って行くといいと思います。

          どうもありがとうございました。

  3. カビるんるん より:

    色落ちの危険性は低い とあるのですが、色物のニット等色落ちするような物に使用しても大丈夫なのでしょうか?

    • モグモグ より:

      カビるんるんさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      私の場合ですが、クリーニングが必要な物以外でしたらやってしまいます。

      ですが、もとから色落ちをしやすい物に関しては他の方法も含めて、色が落ちることがあると思います。

      なので断言はできません。。すみません。

      どうぞよろしくお願いいたします。

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ