猫の熱中症予防とは?さらに一工夫するとこうなる!

広告

暑い時期がやってきます!
うちの猫…、熱中症にならないよね…??



猫は家族同然ですから、心配ですよね!

でも、そのように考えていても実際は…
何も予防策をしていない方
多いように感じました(>_<)

広告


そこで今回
猫を熱中症にさせない予防方法を、
基本編留守番編の2つに分けてご紹介します。


私がこの記事を
書こうと思ったのには理由があります。

実は去年、我が家で飼っている猫が、
真夏に体調を崩しました。

そして、心配で仕事も手につかず、
ずっと情報収集して調べていたんです。

今のままではヤバイので熱中症になる前
徹底的に調べてみました!


PS 幸いにも我が家の猫は、
症状は酷くなることなく、
自然と回復してくれました(*゚▽゚*)

本当に良かったです!


我が家の猫は11歳のメスです。

見た目は若いですが、
「おばあちゃん猫」なんですよね。


でも、私・・・
知識武装していますので、
今年からは一味違いますよ^^


まず、猫について
少し知識を確認しておきましょう♪

猫はこんな動物です!


軽く猫の特徴習性
についてお話します。


猫は大昔、砂漠地帯地中海沿岸で活動し、
住んでいたと言われています。

その為でしょうか、
基本、暑さにけっこう強いんです。


猫を、室内で飼っていると、
窓際や出窓で
日光浴を良くしていますよね?

でも、多湿の場所は苦手なんです…Σ(゚д゚lll)


猫の体温は
約38~39度と人間より高い!

そして、体温が41度を超えると、
猫は危険信号となります(>_<)


また、猫は体の不調をできる限り
隠そうとする習性をもっているので…

症状が出た時には、
かなり重症のケースがあるのでやはり予防です。


猫が汗をかけるのは、
なんと鼻先肉球だけ!

つまり、人と違い発汗の気化熱で
体温調整ができないのです。


他にも、犬と違い、
開口呼吸で熱を外に逃がすのが苦手です。

広告



室外で自由に動ける猫

外の気温が37度以上になっても、
猫は簡単に居心地のいい場所を発見して、
暑さ対策をしてやり過ごします。

猫は、居心地いい場所
見つける能力が優れています。


みなさんも、
猫ちゃんを飼っていると、寒い日は…
気がつくと、しっかり暖かい場所に

暑い日は、家の中でも特に涼しいところや、
日陰で開いている窓に


・・・いませんか??


なので、熱中症予防には、
猫にとって快適な場所を提供
するだけでも、対策になるのです^^



次の章では、基本編
紹介していきますね♪

★我家の猫です♪

★我家の猫です♪

猫の熱中症予防!基本編♪


ここでは、基本編として、

知っているけどやっていないことの他に、
そうだったの?
と、いった豆知識をご紹介します!


  1. 水飲み場を増やす

    猫はガブガブと水を飲みません。

    しかし、歩いていて「水飲み場」があると、
    ついでに水を飲んで
    いくことがよくあるんです^^

    コツは、猫がよく通る場所に置いたり、
    容器がひっくり返らない物にしたり…

    新鮮な水を用意してあげる(うちの猫は)と、
    水分補給の向上につながります。

  2. 家の中を自由に動けるように

    猫は暑いと、自分で涼しい所を探します

    なので、ドアは開けておきましょう。

    ドアストッパーで固定すれば、
    閉まることを防げますよ^^

  3. 暑い時期は窓にも工夫

    日光が直接あたる窓には、
    すだれ等で日陰を作ります。

    窓を閉めている部屋は、
    カーテンも上手く利用して、
    室内の温度の上昇を抑えましょう。

  4.  
  5. エアコンの室内以外は窓を開ける

    外の空気の入らない室内は、
    想像以上に暑いです。

    空気の流れを作るために、
    数箇所(反対側も)窓
    開けて換気しましょう。

  6. お風呂場や洗面所に入れるように

    猫によっては、これらの場所を好みます。

    床のひんやりと冷たい感じ
    好きなんでしょうね^^

    事故防止の為に、
    絶対に浴槽の残り湯は、
    抜いておいてください。


  7. 猫がエアコン室内にいるとき

    28~29度の設定が理想です。

    猫が寒いと感じた時に、
    エアコン室内から出られるように、
    ドアを少し開けておいて下さい。

    エアコンの風を嫌がる猫もいるので、
    風を上向きに固定しましょう。

  8. ブラッシング

    毛の量が多い猫には、とくに!

    夏場は毛が抜ける量も
    多いのでオススメです。

    毛の中に熱がこもりやすいので、
    こまめにブラッシング
    してあげて下さいね。

    ※きっと喜びますよ(我が家の猫は)^^!

これで、
基本編は終わりになります。


これらを実際に実行して頂けば、
熱中症の頻度はグイっと下がるでしょう。


高温多湿を防ぎ、
水分補給を十分にさせる!



これが猫の熱中症予防の基本であって、
一番重要な事なんです^^


次の章では
留守番編の説明になります♪

ちょっとした小ワザもありますので、
参考になさってください。

広告


次は⇒留守番編♪


前の章の基本編の内容で、
試せるものは実行してみて下さい。

でも夏の暑い時期、
猫に留守番させるには、
もう少しプラスの工夫が必要です。


やはり、窓を開けておけない事、
エアコンは?と、
いうことが一番の問題になります・・・


そこで、
以下のような方法もありますよ!


  1. 防犯上の問題がない場合

    高窓を開けることで、
    室内の空気循環が
    良くなり、予防になります。

  2. 換気扇

    窓を開けられない状態では、
    換気扇が多少は役に立つはずです。

    目的は、空気循環です。
    あくまでも、
    補助ですので注意してくださいね。

    ※換気扇(古い製品が多い)は、
    長時間の使用で熱をもつ物がありますので、
    数十時間の間付けっぱなしなどは
    避けたほうが安全だと思います。

  3. 扇風機

    外出の際、猫が涼しいと
    感じている部屋に設置します。

    猫のお気に入りの場所から
    距離を置いて、安全のためネットを被せて、
    首振り機能を上手く使います。

    ※風の当て過ぎは、
    水分を蒸発させますので、
    長時間、猫に風をあてないで下さい。

    また、換気扇同様、熱を持つので
    無人での長時間
    使用はおすすめしません。

  4. 猫・白黒2


  5. エアコン

    猫が嫌がらないのでしたら、
    エアコンを28~29度の
    除湿機能で運転しましょう。

    あなたが、帰宅する時間等を考えて、
    タイマーを設定したり…

    他の部屋に猫が移動できるように、
    ドアはドアストッパー等で
    固定するといいですよ^^


    我が家では、去年、
    便利に使わせていただきましたよ!

  6. ペット用ジェルマット

    ペットショップなら暑い時期には、
    どこでも売っていると思います。

    猫が気に入るかどうかは、
    試してみないと分からないのが欠点・・・

    でも、初めは警戒していたけど、
    興味を持ちだすと、
    いつの間にか…くつろいでいた?!
    って、「いとこ」が話していました。

    ひんやりしていて、
    気に入ったみたいですね(*゚▽゚*)

  7. 暑い日、猫がいつもいる場所に・・・

    これは、猫の気分や性格によりますが、
    バスタオで薄く大きい
    保冷剤
    を包んで、仕掛けておく

    猫ちゃんが気に入ってくれれば、
    効果は期待できますね。

  8. 凍ったペットボトルや保冷剤

    猫のお気に入り
    部屋に設置します。

    普通に考えて、
    多少は効果が見込めると考えられます。

    今日の暑さは異常・・・
    こんな日は、他の予防策に加え
    使ってみるといいかもしれません。

    我が家でも、
    今年は、コレ考えています。

  9. 水に氷を入れておく

    我が家の猫で試したところ、
    水に氷を入れたら
    よく飲むんですよー。

    もし、
    あなたの猫ちゃんもそうでしたら、
    外出前に数箇所の水飲み場に
    氷を入れてあげましょう!

    逆に、氷が溶けるまで警戒して
    水を飲まない可能性もあるので、
    一度、試してから考えてみてくださいね^^

  10. トイレは清潔に

    調べていたら、
    意外な情報がありましたよ。

    猫はトイレが清潔だと、排尿しやすい
    と、いった情報です。


    排尿によって、
    体温を下げる効果があるみたいです。

    水は多めに飲ませて、
    清潔なトイレで排尿させてあげる。

    猫ちゃんのトイレを清潔にして、
    困る人は誰もいないので、
    細かいことですが、
    実行する価値はありそうです!


まとめ


いかがでしたか?

我が家にも、
大切な家族である猫がいます。

今年、絶対に
夏バテや熱中症にはさせません!

それと、
子猫や老猫を飼っている方は、
特に注意して欲しいです。


今回、
色々と紹介しましたので、
試しながら参考にして下さい^^


この記事を書いている最中に、
猫がパソコンのキーボードの上
座り込むというアクシデントがありましたが…

無事、書き終えました^^


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました♫

広告
今回の記事が参考になりましたら
シェアしていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!!



広告

コメントお待ちしております♪

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ